2008年ウォーターサーバーの旅

2008年水の旅

水と地球

水と人との密接な関係

水道水

変化する体内の水の量



 

水の旅

水は命の源


宇宙の起源は約150億年前に起こった大爆発(ビッグバン)からという説があります。そのビッグバンのときの膨大なエネルギーが物質化したものが天体であるとされています。
つまり宇宙の初めは物質は何もなく、エネルギーだけが存在していて、このエネルギーの固まりがものすごい勢いで膨張する過程で急激な温度変化が起こり、物質が生成したと考えられているものです。
この物質が固まったものが天体であり、地球の始まりなのです。

ビッグバンから100億年ほど経過した頃に、銀河系の片隅で、ガスとチリが星雲をつくり、なんらかのキッカケによって収縮をはじめます。
これが原始太陽系です。
この収縮の過程で、星雲が自転運動をはじめ、この自転の過程で星雲がちぎれ飛び、さらに金属鉄を大量に含んだ微惑星を形成していきます。
この微惑星同士が何度も衝突をくりかえして、太陽系に惑星が誕生しました。

地球の大気も惑星衝突の産物と言われています。

地球誕生

衝突の際、惑星に含まれていた水と炭酸ガスが蒸発して大気となって、やがて地表の温度がさがるにつれ大気中の水蒸気が雨となって地上に降り注ぎ、原始の海が誕生したのです。

原始の海には、原始地球の大気に二酸化炭素、亜硫酸ガス、塩化ガスなどが多量に含まれていて、やがて大気中の成分が結びつき、簡単な有機物質が合成され、これが生命の源になったと言われています。(ソ連の生化学者オパ−リンの学説です)

つまり、原始地球の大気に含まれていた水素、アンモニア、メタンなどと水蒸気が結びつき、簡単な有機結合が行われていたのです。この有機物質がしだいに発展し、個々の生命体になっていきます。

生命体誕生

この有機物質の誕生は水の中で行われていました。有機物質は大気中では長くとどまることができないのです。
太陽光線に含まれている紫外線が遺伝子のDNAを壊してしまうため、ごく単純なレベルの“生物”は生存できないからです。

オパーリンの説によると、原始地球の海の水は今よりもっと塩分濃度が低く、こうして誕生した“原始的な生命体”を種々含む「最初のスープ」のようなものだったそうです。
原始の地球の海は、酸化的大気をたっぷり溶かしこんだ雨が降り注ぎ、たまったものであったため、海水は大きく酸性に傾いてたとされ、たくさん存在する「スープ」の中で、さらに「原始の生命体」が自然に結合し、より高度な生命に発展していったというのが現在の有力な学説です。

原始生命体が誕生した時期が約35億年前とされています。約32億年前には「藻類」が出現し、光合成によって酸素がつくり出され、それが海水にたまり、さらには大気中にたまって、現在のような酸素の多い大気になっていきました。
この頃に陸上動物が出現しています。それまではすべての動物は海の中で生命を育んでいたわけです。

これが最初の生命誕生の過程であり、水が生命の源と呼ばれる理由なのです。
人間に必要不可欠な水は、地球にも必要な要素の1つだったのです。
今では当たり前のように使用されるカラコンにとっても水は大切なものです。 カラコンを楽しむ女性にとっても目の潤いは気になりますよね。 カラコン生活、通販生活を楽しむのに絶対必要な水分!
このサイトでは水の美味しい飲み方や、水道水の事、そして今、かなり見かける事の多くなったウォーターサーバーの選び方やウォーターサーバーで美味しい天然水を飲む方法、美味しい天然水を通販でみつける方法や簡単なお手入れ方法など紹介していきます。

ページTOPへ↑

 

All Rights Reserved Copyright (C) 2008年 水の旅